品川近視クリニックは口コミも技術も良い?

多い手術症例数を誇っているレーシック専門のクリニックであるということでしょう。

品川近視クリニックで行われたレーシック手術は、今までになんと50万症例以上もあります。この数字は、1ヶ月に2万件ものレーシック手術が行われていることになります。

さらに、品川近視クリニックの医師には、これまでに1万以上ものレーシック手術を行った医師が、何人もいるといったように、信頼性がとても高いことも特徴と言えるのです。実際に品川近視クリニックは口コミも非常に良いものが多いです。

また世界でもトップクラスの環境が整い、コースによっては、これまでに1万症例を超えるという豊富な経験がある医師が、主任となる主任執刀医制度などもあります。

ではここで、レーザー角膜屈折矯正手術の大手である品川近視クリニックと錦糸眼科のどちらがいいのかを比べてみましょう。

どちらのクリニックも特徴からすると、安心して手術を受けることができる、信頼できるクリニックと言えるでしょう。それぞれのクリニックが行っているレーシック手術の方法は、品川近視クリニックの方が種類が多いようです。

また、費用面を比較してみると、品川近視クリニックは、プラチナレーシックが8万円、プレミアムイントラレーシックが9.2万円、アイレーシックが15万円という価格に対して、錦糸眼科の価格は、イントラ・カスタム・レーシックが26万円、イントラ・レーシックが20万円、レーシックが8万円と、錦糸眼科の方が少し高いように感じます。

しかし、一概に価格が安いだけで選ぶのはよくないので、それぞれのレーシック手術の内容を確認して、納得してから選ぶようにしましょう。

またレーシックには、良い面だけでなく過矯正のリスクなどはゼロではありません。

半年以上たっても遠視の状態が続くときは矯正しすぎが考えられますので、クリニックにクレームをすることになるわけですが、再手術で完全に元に戻すということは実際難しいと思われます。

これはクリニック側が見えすぎるように(遠視の状態)角膜を削ったということで、以後メガネなどで矯正しないと近くが見えづらい状態がつづきます。

レーシックの手術費用の違い!

レーシック手術は、クリニックによって施術の料金には、かなりの差がある場合があります。これは手術方法も絡んでくるのですが、使う機械などによって価格は変わってきます。

同じレーシック手術でも方法が変わると高くなることもあるようです。品川近視クリニックで行っているアマリスZレーシックやアイレーシックは高めですし、一般的なマイクロケラトームレーシックは比較的安いの設定になっています。

最新技術の施術では、やはり高くなってしまうのです。

そもそも料金の差は、自由診療ということで、価格は自由に決められますので、高くなる所もあるようです。少し前に競争が激しくなり、品川近視クリニックと神奈川アイクリニックなど大手の視力矯正手術クリニックでかなり価格が下がりました。

普通のレーシックだと10万円を切るようになりました。

現在主流のイントラレーシックだと20万をきる価格です。ただし料金だけで決めるのではなく納得できる条件でやりましょう。

レーシック手術後の入浴、睡眠に関する注意点

レーシックのいいところは、手術をしたその日のうちに退院できるところにあります。基本的には、いつもどおりに生活を送ることができます。しかしいくつか、注意すべきことがあります。

まずは入浴についてです。原則入浴については、手術をした当日は控えるべきでしょう。そこでもしどうしてもという場合には、手術を受ける前にシャワーなどを浴びておくといいでしょう。

ちなみに入浴は、手術の翌日から問題がなければ、再開してもらって構いません。しかしまだ目については、きちんとガードをすることを心がけるようにしましょう。

そして手術後に、手術をしたクリニックの方から点眼薬が処方されるはずです。この点眼薬についてですが、目の感染症を予防する効果があります。こちらを忘れずに入浴後にはさすようにしましょう。医者がいいというまで、使用することも忘れないようにしましょう。

睡眠中も注意が必要です。人は眠っているときも寝返りを打つのが有名ですが、無意識のうちに体を動かすことがあります。その中で目が気になるのか、無意識に目をこする人もいます。無意識で本人は記憶していませんから、ある意味最も厄介と言えます。

そこでクリニックの方から、目の保護をするための眼帯というものが渡されます。こちらを眠るときには装着をしましょう。

無意識に、目をこすったとしても、しっかりと眼帯があなたの目を守ってくれます。期間としては、レーシックの手術をしてから1週間程度は、眠るときには装着をするように心がけましょう。

レーシックでの過矯正リスクと原因

レーシックはかなり進化をしてきています。そして最近では、オーダーメイドできるような手術も開発されています。イギリスの眼科医が、患者の必要に応じて、視力の調整ができるような治療法を開発しました。

レーシック手術の場合、気になることとして、きちんと視力が回復できるのかということがあるでしょう。自分の理想の視力にまで回復できなければ、手術をした意味がなくなってしまいます。

また逆に自分が想定していた視力よりも見えすぎてしまうと、それも厄介です。見えすぎると、度の強すぎるめがねやコンタクトを装着するのと一緒の状態になります。度の強すぎるメガネをかけると、目がつかれてしまいやすくなってしまいます。

イギリスのジュリアン・スティーブン氏というレーシックの専門医がいるのですが、彼は患者のそれぞれのニーズにこたえて、それぞれに合った視力回復手術を提供しています。

たとえば、普通のサラリーマンであれば、そこまでの高い視力は求めていないでしょう。その場合には、高度なレーシック手術を施しません。しかし長距離ドライバーの場合には、道路の細かな情報を確認する必要があります。
そこでより高度なレーシック手術で視力をアップさせることも可能です。

現在日本では、具体的に0.7とか1.0といった視力を具体的に指定して矯正をすることはできません。しかしイギリスの治療法が世界に知れ渡るようになれば、今後より具体的に視力を指定して、レーシック手術を受けることもできる可能性も高いです。

レーシックの魅力!生涯費用は安くなる

コンタクトを使っている方の中には、レーシック手術を受けようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

レーシックの手術には、いろいろな種類があるので、どの視力矯正手術を選ぶかによってその金額も異なっています。また品川近視クリニックなどのクリニック選びでも費用は違ってきます。

しかし、一般的には1回のレーシック手術にかかる費用は、おおよそ15万円程度となっています。確かに金額だけ見れば15万円は、決して安い金額ではありませんね。

しかし、視力が悪いためにコンタクトレンズやめがねを使っているなら、一度購入しためがねやコンタクトレンズを、一生使えるかどうかを考えてみてください。

当然何度かは、メガネやコンタクトレンズを買い換えたりする必要があるでしょう。そうなると、トータルすると15万円どころですまないという場合もあります。

そして、メガネやコンタクトレンズのような視力矯正品では、見えにくい視力の助けにはなりますが、視力の回復に力をかしてくれるわけではありません。

ということは、一生涯メガネやコンタクトレンズを買い換えるために購入し続けなければならないということですね。
レーシックの手術は、一見高い治療費のように思えますが、将来的に見ればそうとも言えないのです。