品川近視クリニックでの失敗の確率は?

管理人こんにちは!管理人のタクヤです。
品川近視クリニックでレーシックを受けたくても失敗したらどうしようって不安になりますよね?

大切な目なので、もし失敗して失明したら取り返しがつきませんし。

私も慎重で臆病なタイプなので、レーシックを受けようか相当迷いました。

このサイトでは、私が調べたレーシックのことをわかりやすく紹介します。

レーシックについて徹底的に調べたこと
医師の説明を聞いて知ったこと
実際に品川近視クリニックでレーシックを受けてみて実感した真実

これから品川近視クリニックでレーシックを受けようと思っている方は参考にしてくださいね。
 

品川近視クリニック失敗はホントにあるのか?

私は、毎日のコンタクトレンズの煩わしさと、災害が起きたらどうしようという不安からからレーシックを受けたいと思いました。

知り合いが品川近視クリニックでレーシックを受けて、裸眼になっていたことも影響されました。

そしてまずはネット上の品川近視クリニックのレーシック情報を徹底的に調べました。

しかし!クチコミのサイトにはありきたりなステマっぽいことしか書いてないんです。

良いことばかりでホントなの?と疑問に思いました汗

逆に2chなど見ると、「失明した」「一生ドライアイで苦しむことになる」とかめちゃくちゃなことも書かれており不安が増すだけでした。

Yahoo!知恵袋に質問すると、コピペでレーシックを批判する文章を載せて回答する人もいて驚きました。

タクヤ
ほぼ全ての品川近視クリニックの質問にコピペで長文の批判文章を回答していて、Yahoo!知恵袋でレーシック批判運動をしているようでした…汗

正直、ネットで情報を調べていると気分が悪くなってきました汗

ネット上の情報や2chは見れば見るほど不安がつのるだけ!

 
 

レーシックの技術的な面を調べる

もともと私がレーシックを知ったのは、通っていたテニススクールのコーチがレーシックをして裸眼になったことでした。

ネットでいくら多くの品川近視クリニック批判があっても、知り合いが裸眼になって快適にしているのを見ると、そちらに信憑性を感じました。

そこで、レーシックの種類による結果の違いやクリニックの症例数など、客観的な情報を調べることにしました。

レーシックに関する本も買って、レーシックの何がデメリットなのかも勉強しました。

本の写真、パンフレットなど。
 

レーシックについてわかったこと

そこでわかったのは次のことです。

レーシックは安全な手術
副作用はあるが次第におさまってくる
酷い合併症が出るのは、昔のケラトームレーシックを受けた人が多い
レーシック集団感染症訴訟はモラルに欠いた一人の医師が招いた事件
大手クリニックで感染症が出たことはない
手術中に目が動いても機械が自動追尾
機械の進歩で医師の技術力は関係ない

一番注意したいのは、昔のケラトームレーシックが今も行われているということ。

10万円程度で受けられる格安レーシックは、このケラトームレーシックの場合が多い。

このケラトームレーシックは、合併症リスク(酷いドライアイやハロ・グレア)も高まり、また術後の見え方も最新機器による施術に比べて劣ります。

今はお勧めできない施術ですが、クリニックのホームページにそのことが書いてあることはありません。

タクヤ
もちろん昔はみんなケラトームレーシックを受けていたわけで、失明するような危険なものではありません。でもどうせなら合併症リスクも低く、少しでも安心できる施術を選びたいですよね。
 

最悪の失敗はない?

この時点で、レーシックで失敗して失明するリスクは基本的にはないと確信しました。

もともとレーシックは眼の表面の角膜だけをレーザーで削る手術なので、眼の水晶体をいじるわけではない。

あとは、レーシックの失敗というか、ほぼ必ず起こる合併症が、どの程度の軽度なもので済むかという問題です。

一定以上の施術を受ければ、合併症のリスクは軽減されるとのこと。

私としては、裸眼の視力が取り戻せるなら、軽度の合併症は問題ないと、思うようになっていました。
 

合併症について

レーシックを受けると、合併症(副作用)は程度の差はあっても必ず感じます。

・ドライアイ
・ハローグレア
・血膜下出血(目の充血)

 

適応検査で医師の話を聞く

レーシックについて多少詳しくなったところで、品川近視クリニックに適応検査を受けに行きました。

私が品川近視クリニックを選んだ理由は

・業界大手だったこと
・費用が安かったこと
・適応検査が無料だったこと
・知り合いが受けていたこと

これらが決め手で、医師に話を聞いて納得できれば品川近視クリニックでレーシックを受けてもいいとい気持ちになってました。

そこで医師から「レーシックは安全な手術ですよ」と言われ、実際に安心しました。

休日だったこともあって、かなりたくさんの人が適応検査を受けにきていて、「こんなにたくさんの人がレーシックを受けるんだ!」と前向きな気分になりました。

圧倒的な症例数の多さは、レーシックの安全性を物語っていると思いました。

100万症例以上ある品川近視クリニックで、もし失敗ばかりしていたら、今頃とっくに潰れているはずです。

その意味では小さな眼科でレーシックを受けるよりもよっぽど信頼できます。

 
 

品川近視クリニック

致命的な失敗はないと、自分の中で納得して品川近視クリニックでレーシックを受けました。

費用も安い「品川イントラレーシックアドバンス」という施術です。

そして無事に施術終了。

休憩室で休憩してから、しばらくしてすぐに裸眼で周りが見えていることに感動!

「やった!本当にすごい!」と思いました。

さすがに当日は目がショボショボして、涙がでてきて、一人で電車に乗って帰るのはつらかったです。

なるべく誰かに付き添ってもらった方が安心です。自分で車の運転は絶対危険です。

目がショボショボして違和感は少しありましたが、レーシックに失敗したという感じではなかったです。

品川近視クリニックの医師にあらかじめ、ドライアイやハログレアについての説明はあったので、予定通りでした。

点眼麻酔がきれると目が痛くなってくるので(やや不快な違和感)、こまめに痛み止めの目薬をさしました。

翌日にはもう、ほぼ快適。裸眼で遠くまで見渡せる生活に感動です。

「失敗しなくてよかった」とは思いませんでした。受けた時点で、失敗はないと根拠なく確信していたので。

こんな簡単に視力が手に入るなら、もっと早くやればよかったと思いました。

合併症は少し出ました。私の場合はドライアイはほぼ気にならなかったのですが、ハローグレアはあって、よるに街灯の光がモワッとして幻想的に見てるやうになりました。

それほど酷くないので夜の運転も、全く気にせずしていましたが。数ヶ月してハローグレアもなくなって、今では裸眼が当たり前になりました。
 

品川近視クリニックに失敗はあり得るのか?

もちろん手術なので100%とは言えません。

品川近視の医師が狂って機械の設定を間違えるとか、術後の帰り道に事故にあって目のフラップがめくれて目が傷ついくとか…。

でもそれはレーシックに限らず他の手術でもあるリスクです。

レーシックだけ特別に危険とか、失敗の確率が高いとかいうわけではありません。

自分が視力回復したからということもありますが、レーシックは本当に最高です。コスパは抜群。

人に強く勧められるかといえば、「おすすめはするけど無理には勧めない」というのが本音です。
 

品川近視クリニックの失敗を、考える

そして品川近視クリニックはどうかというと、私にとって素晴らしいクリニックです。

2chやYahoo!知恵袋では、品川近視クリニックの批判も書かれていますが、信頼に足る根拠は無いように思います。

私は最高級のアマリスでなく品川イントラレーシックアドバンスを受けましたが、アマリスを受ければ、相当安心だと思います。

「品川近視クリニックの失敗」で最悪ありえるのは、酷めのドライアイになることでしょうか?

これも上位施術を選べば、相当大丈夫だと思いますが、ケチるとリスクは高まります。

最悪なのは、他社でケラトームレーシックを高額で受けること。

あえておすすめするとらすれば、品川近視クリニックの「品川イントラレーシックアドバンス」以上の上位施術を選ぶことです。

 
 
 

品川近視クリニックの医師品川近視クリニックのレーシックの場合は、失敗の例として失明は過去にありません。そして技術上、今後もレーシック手術が原因で失明するということはほぼ100%起こらないのではないかといわれるくらい、安全性が高いものです。

とはいえ、それは失明に関してのみの話で、合併症のリスクというものはどうしてもあります。また感染症の確率は5000人に1人と言われていますからかなり少ないのですが、手術が終わったあとの日常生活の中でも、患者さん自身が目の健康に気を遣わなければいけないでしょう。

品川近視クリニックでは徹底して衛生管理を行っているので、今までに感染症の発生は1件もありません。品川近視クリニックの口コミを調べてみるとよくわかると思います。

その他の大手レーシック眼科でも、基本的には感染症は出ていないので、これはクリニック選びの最低限の基準と言えるかもしれませんね。
 

▼ドライアイ

合併症としては、例えば「ドライアイ」はかなり多くの人が症状をうったえます。これは、フラップを作る際に角膜に切り込みを入れるわけで、そこを通っていた神経が一時的に切断されてしまうため涙の量が減るからだと言われています。

しかしこの神経はフラップが定着すれば再び接続されるものなので、それまでの間、病院から出る保湿のための目薬などで水分を補うことで悪化は防げるはずです。

つまり、「ドライアイ」はレーシックの手術の方法上仕方のない側面があって、その症状が出ている間放置しなければ一過性のものとして半年後までには軽快するようです。
 

▼ハロ・グレア現象

品川近視クリニックの失敗に怯える男次に多いのは「ハロ・グレア現象」です。これは光源を見たときに極端に眩しく見えたり、にじんだり、光の輪や十字のようなものが見える現象です。

これは品川近視クリニックの患者さんでも、最初から起こりうる現象として最初に説明されます。

こちらも、ドライアイと同じく一過性であることが殆どで数ヶ月の間には視力の安定と共に消えていく症状なので、永続的な合併症とはいえませんが、ドライアイもハロ・グレア現象も、全く起こらないという方もいるので、失敗例の一つに数えられるのかもしれません。

またフラップが定着するまでに角膜周辺で感染症が起きますと、眼球が白濁して視界も霞んだりするなど大変なことになります。感染症の場合にはドライアイやハロ・グレア現象よりも、迅速で的確な対処が求められます。

それから、視力が思ったほど回復しないという例が、少数ですがあります。手術前に特に何の問題もなく、レーシックを普通に受けるのですが、術後大して視力が回復しないという例です。原因は不明ですが、こういった失敗も皆無ではありません。

再手術という選択肢もありますが、角膜の厚さなども必要ですし、何度も行うとそれなりのリスクもかさむわけなので慎重に話し合ってから決めたほうが良いでしょう。
 

■品川近視クリニックで失明はしない?

品川近視クリニックは失敗しないのか心配されている方は多いですよね。口コミを見るとたまに物凄く酷いことが書かれているので不安になってきますよね?

目に関しては一番心配されるものは失明だと思います。怪我や病気などで視力を完全に失ってしまったら、生活が一変してとても大変なことになりますね。

レーシックも手術の一つなわけですから、その手術が原因で失明してしまう恐れがあると考えて受けたくないと考えている方もいるかもしれません。

しかし、レーシック手術における失明の失敗例というのは過去にもありませんし、もちろん品川近視 レーシックでもです。このレーシック手術においての失明リスクはほぼ皆無と言っていいです。品川近視クリニックのイントラレーシック 費用は格安ですが、料金に関係なく安全ですので心配はありません。
 

■人為的なミスによる失明はない?

品川近視クリニックの失敗リスク

レーシック手術は、外科手術とはいえ執刀医がメスを使って切開をするようなものではなく、目の表面を精密に、機械的に切り取ることが出来るレーザー機器を使っているので、人為的なミスによる失明ということは起こりません。

品川近視クリニック体験者の口コミでも、医師の役割は、精密なレーザーで切った角膜フラップをかぶせるだけということです。

そのレーザーが失明させてしまうような部位にまで切り込めるタイプのものではないということも理由の一つです。飽く迄、目の表面の角膜を薄く削る程度の能力のレーザーを使っているので、失明のしようがないのです。

また、仮に手術中に停電などの緊急事態に陥ったとしても大丈夫なように安全対策もかなり堅固にされています。なので、システム上失明は起こりません。品川近視クリニックの失敗リスクはそれほど気にしなくてもいいでしょう。

とはいっても、失明のリスクがないというだけで、レーシックにおいてはその他の合併症などのリスクというのがありますから、品川近視クリニックでカウンセリングは慎重に行っていただきたいと思います。
 

■医師との信頼関係を持つこと

品川近視クリニックの失敗に怯える男レーシックによる視力回復手術は、厚生労働省も認める安全性の高い手術ですが、その歴史が未だ浅いことで、数十年先の後遺症を含め将来に何か起こらないか、不安に思う方が多いことも事実です。

日本でも最近、レーシックによる視力回復手術はたくさん行われていて、その実績は年々増えていますが、世界においてはさらに、年間数百万人の患者がこの手術を受けている実績があり、手術による失明の報告はなく、また、9割の患者さんが視力を1.0以上に回復しています。

東京で年々レーシッククリニックが増えているのも、レーシック手術が支持されている証拠といえますね。個人的にレーシック 東京でおすすめなのは、品川近視クリニック東京院や神戸神奈川アイクリニック新宿院です。

やはり大手眼科は総合力で安心できます。症例数も多いので、ネット上から体験者の口コミも容易に参考に出来ますしね。

これ程安全性の高いレーシック手術ですが、どうしても患者さんには不安があり、これを克服するにはレーシック手術に対する正しい知識と医師との信頼関係が大切になります。

レーシック手術を行っている医療機関で、比較的大きな医療機関では、手術前の検査を行う医師と実際に手術を行う医師が違うこと、また、手術後の検査を行う医師も違うといったことがあります。

これは、患者さんにとって不安の材料になることが多く、安全性には問題はありませんが、患者さんの不安を取り除くには、手術前の検査から手術、手術後の検査まで同じ一人の医師に診て頂く方が安心します。

レーシックによる視力回復手術を行っても日常生活において視力が悪化し、再手術を行わなければならないこともあります。このような場合にも再手術は可能です。最初から再手術にかかる費用など医師に確認しておきましょう。

ホリエモンが「どう考えてもレーシックで失敗はありえない」と言っていたことも自信になりましたね。

error: Content is protected !!