レーシック手術後の入浴、睡眠に関する注意点

レーシックのいいところは、手術をしたその日のうちに退院できるところにあります。基本的には、いつもどおりに生活を送ることができます。しかしいくつか、注意すべきことがあります。

まずは入浴についてです。原則入浴については、手術をした当日は控えるべきでしょう。そこでもしどうしてもという場合には、手術を受ける前にシャワーなどを浴びておくといいでしょう。

ちなみに入浴は、手術の翌日から問題がなければ、再開してもらって構いません。しかしまだ目については、きちんとガードをすることを心がけるようにしましょう。

そして手術後に、手術をしたクリニックの方から点眼薬が処方されるはずです。この点眼薬についてですが、目の感染症を予防する効果があります。こちらを忘れずに入浴後にはさすようにしましょう。医者がいいというまで、使用することも忘れないようにしましょう。

睡眠中も注意が必要です。人は眠っているときも寝返りを打つのが有名ですが、無意識のうちに体を動かすことがあります。その中で目が気になるのか、無意識に目をこする人もいます。無意識で本人は記憶していませんから、ある意味最も厄介と言えます。

そこでクリニックの方から、目の保護をするための眼帯というものが渡されます。こちらを眠るときには装着をしましょう。

無意識に、目をこすったとしても、しっかりと眼帯があなたの目を守ってくれます。期間としては、レーシックの手術をしてから1週間程度は、眠るときには装着をするように心がけましょう。