品川近視クリニックは口コミも技術も良い?

多い手術症例数を誇っているレーシック専門のクリニックであるということでしょう。

品川近視クリニックで行われたレーシック手術は、今までになんと50万症例以上もあります。この数字は、1ヶ月に2万件ものレーシック手術が行われていることになります。

さらに、品川近視クリニックの医師には、これまでに1万以上ものレーシック手術を行った医師が、何人もいるといったように、信頼性がとても高いことも特徴と言えるのです。実際に品川近視クリニックは口コミも非常に良いものが多いです。

また世界でもトップクラスの環境が整い、コースによっては、これまでに1万症例を超えるという豊富な経験がある医師が、主任となる主任執刀医制度などもあります。

ではここで、レーザー角膜屈折矯正手術の大手である品川近視クリニックと錦糸眼科のどちらがいいのかを比べてみましょう。

どちらのクリニックも特徴からすると、安心して手術を受けることができる、信頼できるクリニックと言えるでしょう。それぞれのクリニックが行っているレーシック手術の方法は、品川近視クリニックの方が種類が多いようです。

また、費用面を比較してみると、品川近視クリニックは、プラチナレーシックが8万円、プレミアムイントラレーシックが9.2万円、アイレーシックが15万円という価格に対して、錦糸眼科の価格は、イントラ・カスタム・レーシックが26万円、イントラ・レーシックが20万円、レーシックが8万円と、錦糸眼科の方が少し高いように感じます。

しかし、一概に価格が安いだけで選ぶのはよくないので、それぞれのレーシック手術の内容を確認して、納得してから選ぶようにしましょう。

またレーシックには、良い面だけでなく過矯正のリスクなどはゼロではありません。

半年以上たっても遠視の状態が続くときは矯正しすぎが考えられますので、クリニックにクレームをすることになるわけですが、再手術で完全に元に戻すということは実際難しいと思われます。

これはクリニック側が見えすぎるように(遠視の状態)角膜を削ったということで、以後メガネなどで矯正しないと近くが見えづらい状態がつづきます。